エコファーマーとは

エコファーマーとは?

近年、化学肥料・化学農薬の多用により生じる環境汚染や農地の生産力低下が大きな問題となっています。

そのため,環境に配慮しつつ農地の生産力を維持・増進する農業を行う意義は非常に高まっています。
このようなバランスのとれた農業に取り組むため,国の法律(※)に基づいて「持続性の 高い農業生産方式」の導入計画を作り、千葉県知事の認定を受けた農業者の愛称が「エコファーマー」です。

(※)持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律(持続農業法)

A

A

持続性の高い農業生産方式とは?

3つの技術「1.土づくり」、「2.化学肥料低減」、「3.化学農薬低減」を一体的に取り組むものです。
3つの技術には、それぞれ次の種類があり、その中から1つ以上を取り組むことが必要となります。
技術の詳細は以下のとおりです。

技  術  名 技  術  内  容
1.土づくりに関する技術
①たい肥等有機質資材施用 土壌診断を行い、良質なたい肥などを施用する
②緑肥作物利用 土壌診断を行い、レンゲなどの緑肥作物を栽培して農地にすき込む
2。化学肥料低減技術
①局所施肥 化学肥料を根の周辺等に局所的に施用する
②肥効調節型肥料施用 肥料成分の溶け出す速度を調節した化学肥料を施用する
③有機質肥料施用 油かすなどの有機質肥料を化学肥料に代替して施用する
3.化学農薬低減技術
①温湯種子消毒 種子を温湯で消毒することにより,当該種子に付着した有害動植物を駆 除する
②機械除草 機械を用いて雑草を駆除する
③除草用動物利用 アイガモやコイなどを水田に放し飼いにして,雑草を駆除する
④生物農薬利用 農薬登録を受けた天敵生物等を利用して病害虫を駆除する
⑤対抗植物利用 土壌中の有害動植物を駆除する効果のある植物を栽培する
⑥抵抗性品種栽培・台木利用 有害動植物に対して抵抗性を持つ品種に属する農作物を栽培し,又は当 該農作物を台木として利用する
⑦土壌還元消毒技術 土壌中の酸素の濃度を低下させることにより,土壌中の有害動植物を駆 除する
⑧熱利用土壌消毒 土壌に対して熱を加え,温度を上昇させることにより,土壌中の有害動 植物を駆除する
⑨光利用 有害動植物を駆除し,又はそのまん延を防止するため,有害動植物に対 する誘因効果,忌避効果又は生理的機能の抑制効果を有する光を利用する
⑩被覆栽培 フィルムなどの被覆資材を用いて有害動植物の付着を防止する
⑪フェロモン剤利用 フェロモンの特性を利用して,トラップで捕殺したり交信をかく乱する
⑫マルチ栽培 フィルムや紙マルチなどで土壌表面を被覆して有害動植物を防除する

” 相田園でエコファーマーとして実施していること

  1. 土づくりに関する技術 … 堆肥を使用
  2. 化学肥料低減に関する技術 … なたね油かす等有機質肥料の使用
  3. 化学農薬低減に関する技術 … 機械除草技術の実施・除草剤の削減

3点については、上のような取り組みを重点的に行っています。
相田園は、子供が安心して食べられる、安全でおいしいぶどうにこだわっています。

千葉県知事からエコファーマーの認定を受けた相田園の、おいしいぶどうを是非、食べてみてください。